Orville Les Paul Custom (LPC-75 Alpen White) "Orville by Gibson" Made In Japan 日本製 レスポール カスタム ダイアモンドインレイ diamond inlay

Orvilleのレスポールカスタム。91年か92年頃のアルペンホワイトというカラー。ピックアップのゴールドメッキはほぼなくなっている。ABR-1タイプのブリッジ、テールピースはゴールドメッキは残っているがそれなりに経年劣化。ボディ、ネック、ヘッド、ペグはけっこう綺麗。程良く日焼けしている。リアはピックアップカバーが無し。カタログを読むと通常レスポールと同じマホガニーボディのトップメイプル貼りとのこと。

Orville Les Paul Custom (LPC-75 Alpen White) 92年Orvilleのカタログから…

Neck Specifications :
マホガニー、W/ネックバインディング、243/4スケール、ローズウッドフィンガーボード
22フレット、ブロックポジションマーカー
17"、ピッチペグヘッド W/Orville & スプリットダイアモンドインレイ
グローバータイプゴールドマシンヘッド
Body Specifications : 
マホガニーW/ボディバインディング
シングルカッタウェイ、カーブドメイプルトップ
Hardware Specifications : 
2Xゴールドプレートオービルオリジナル
ゴールプレートチューン・O・マチックブリッジ
W/ストッパーテールピース
3PLYブラックピックガード、ボディサイドジャック。

カタログからわかるOrville by Gibsonの方のCustomとの違いは、ピックアップだけ。1機種、LPC-w/3PUというEbonyカラーの3ピックアップ仕様のみボディが『オールマホガニー』となっている。

Orville by Gibson & Orville 1992カタログ

Orville Les Paul Custom (LPC-75 Alpen White) "Orville by Gibson" Made In Japan 日本製 レスポール カスタム ダイアモンドインレイ diamond inlay 1992カタログ

Orville Les Paul Custom LPC-75の電装系

ボディはとても綺麗。ペグはとてもスムーズに回る。メイプルカーブドトップはあまりえぐく削り落とされていないのかボディ周りの厚いところでは50mmくらいありやや厚ぼったく見える。

ピックアップはどちらかが純正でどちらかは交換されている模様。フロント7.1K。リアは6.8K。リアはタップ配線をしていた形跡があるのでリアが非純正かも。スイッチからのリード線はグレーがリア。ピックアップキャビティは良くあるしょぼい日本製ギターの配線。キャビティはスッカスカな感じ。capacitorは0.047μF/100Vが付いていた。

Orville Les Paul Custom LPC-75 AW パーツの交換

Orville Les Paul Custom (LPC-75 Alpen White) "Orville by Gibson" Made In Japan 日本製 レスポール カスタム ダイアモンドインレイ diamond inlay 0047μF 0.022μF オレンジドロップ CDE 6PS

ポットをCTS A500Kに、capacitorをオレンジドロップ 0.022μF/600Vに変更。

Orville Les Paul Custom (LPC-75 Alpen White) "Orville by Gibson" Made In Japan 日本製 レスポール カスタム ダイアモンドインレイ diamond inlay 57Classic Plus
Orville Les Paul Custom (LPC-75 Alpen White) "Orville by Gibson" Made In Japan 日本製 レスポール カスタム ダイアモンドインレイ diamond inlay 57Classic Plus

リア用の57Classic Plus 8.2K。(SGに付けていたもの)ゴールドのポールピース(MONTREUX)に交換。(MONTREUXのポールピールはこの57Classicにははやや緩い)前後ともカバー(Allparts製)を取り付け。

Orville Les Paul Custom (LPC-75 Alpen White) "Orville by Gibson" Made In Japan 日本製 レスポール カスタム ダイアモンドインレイ diamond inlay 57Classic Plus

わりと最近のタイプでパワーがあるタイプの57Classic、7.8K。

フロント57Classic(7.8K)、リア57Classic Plus(8.2K)を取り付け。

ポイントワッシャーを取り付け。パネルはどちらも純正ではなく後付けのものが数本のネジで止まっていた。ネジ類はほとんど全て新しいものに(Gibsonタイプの頭の小さいネジ)

Orville Les Paul Custom (LPC-75 Alpen White) "Orville by Gibson" Made In Japan 日本製 レスポール カスタム ダイアモンドインレイ diamond inlay 57Classic Plus

ノブはスピードノブ(Gibson製)に、なんとなくやや大きかった3プライのピックガードを5プライのやや小ぶりなものに交換。その時に判明したがフロントのエスカッションがリアよりほんの少し幅広だった。フロント下側の割れている箇所を補強・補修してそのまま使用。取り付け金具も交換。

見た目は変わらないが57ClassicからSeymour Duncan セスラバー SH-55に交換。ポールピースはモントルー製ゴールドに交換。57Classicでもこのポールピースはやや緩かったがこのSH-55でも同様にやや緩い。カバーはそのまま同じもの使った。