フロントをLollar Wide Rangeにしてみたが、1Volume 1Toneではハムとシングルが活かせないので、2Volume 2ToneのCustom化することに。

Fender Telecaster Custom Aztec gold Relic MJT ボディ Allpart ネック Lollar Regal Wide Range Humbucker Lindy Fralin Blues Special 1M Potentionmeter

フロントWide Rangeハムでノーマルピックガードは見た目もイマイチだった

Fender Telecaster Custom Aztec gold Relic MJT ボディ Allpart ネック Lollar Regal Wide Range Humbucker Lindy Fralin Blues Special 1M Potentionmeter

Wide Rangeの箇所はザクった後なので、スイッチ部とコントロール部はピックガードに合わせおおまかにザクる箇所を決め実行。アッシュボディは削った後で重量は1.85kgとかなり軽い。

座栗ビット、ノミとトンカチ、ルーター(ヤスリがけ)を駆使して穴を掘り整えた。Wide Range部はスイッチ部からのリード線が通るので少し深さを追加。

Fender Telecaster Custom Aztec gold Relic MJT ボディ Allpart ネック Lollar Regal Wide Range Humbucker Lindy Fralin Blues Special 1M Potentionmeter

はじめNeck側500K、Bridge側250Kポットにしたが良くないので(特にNeck側)Neck側を1M、Bridge側を500Kに変更。コンデンサーはハムは0.022μFとシングル0.033μF。’77年製の1MポットがあったのでTone用に使ってみた。

Fender Telecaster Custom Aztec gold Relic MJT ボディ Allpart ネック Lollar Regal Wide Range Humbucker Lindy Fralin Blues Special 1M Potentionmeter
Fender Telecaster Custom Aztec gold Relic MJT ボディ Allpart ネック Lollar Regal Wide Range Humbucker Lindy Fralin Blues Special 1M Potentionmeter wiring 配線図

BridgeのLindy Fralin Blues Specialが正位相なので黒Hot、白Coldで接続。(アース用は別にリード線を出している)。Lollar Regalは逆位相。リード線は綺麗にまとめてテープで固定しておかないと組み立て時に苦労する。

Fender Telecaster Custom Aztec gold Relic MJT ボディ Allpart ネック Lollar Regal Wide Range Humbucker Lindy Fralin Blues Special 1M Potentionmeter 配線図 wiring

実態配線図。実際にはスイッチ←→ポット間は網線でなくベルデン8503を使用。配線後の測定でLollar Regal (Wide Range Humbucker) 10.5K、Lindy Fralin Blues Special 7.1Kの直流抵抗値。

Fender Telecaster Custom Aztec gold Relic MJT ボディ Allpart ネック Lollar Regal Wide Range Humbucker Lindy Fralin Blues Special 1M Potentionmeter

Lollar Regal (Wide Range Humbucker) のポールピースはCuNiFeでなくアルニコ5。完成重量で3.05kgとWide Rangeハム搭載でも軽量。

ネックはAllpartsレリック仕様、ボディはMJTレリック仕様。Fender純正パーツはペグ(Customshopレリック)、ネックプレート、ブリッジプレート、サドル)