MJTのキャンディアップルレッドボディ(2.01 kg)。数カ所チップしているところがあるがほとんど無加工のボディ。メキシコ製ソフトVネック(ジミーヴォーンストラト用)を組み合わせる。

MSNから始まるシリアルは、メキシコ製の一部シグネーチャーモデルに使われている番号らしい。この番号だと1996–1997年頃製。

Fender Mexico Stratocaster Jimmy Vaughan MJT candy apple red relic 1956 Custom '54 pickup Custom shop
Fender Mexico Stratocaster Jimmy Vaughan MJT candy apple red relic 1956 Custom '54 pickup Custom shop
Fender Mexico Stratocaster Jimmy Vaughan MJT candy apple red relic 1956 Custom '54 pickup Custom shop

青(メキシコ)、赤(MJT)、白(ジャパン)。MJTのコンター部はとても薄い

ネックポケットはMEX、USA系はピタリなサイズ。組んで弦を当ててみるとシムなしでトレモロフローティングでサドルはかなり上げ気味のちょうどの高さだった。

スプリングハンガーのネジ穴は空いていない。ハンガーのネジ穴間隔は複数種類あるからなのか。30cmくらいの長い木工用ドリルビットはなかなか売っていないので、amazonでビットホルダーエクステンション 200mmを購入。他に150mm、100mmがあった。150mmでも良かったかも。写真は3mmの木工用。手持ちの3.5mmは鉄鋼用なので(角度的に不安定なのでビットが中で折れると困るから)2mmで10mm深さの下穴、3mmで20mmくらいに、最後に3.5mmで仕上げとステップを踏んだ

ピックアップは、Fender Custom ‘54、フロント6K、ミドル6K、リア6.3K。ポットは250K、capacitorは0.1μF/400v。

Fender Mexico Stratocaster Jimmy Vaughan MJT candy apple red relic 1956 Custom '54 pickup Custom shop

楽しんでチマチマやってたらけっきょくヘビーなレリックになってしまった。ピックガードはYJPのミントホワイト。重量3.59kg

Fender Mexico Stratocaster Jimmy Vaughan MJT candy apple red relic 1956 Custom '54 pickup Custom shop
Fender Mexico Stratocaster Jimmy Vaughan MJT candy apple red relic 1956 Custom '54 pickup Custom shop

アイロンで温め冷却スプレーを使ったウェザーチェック、レリックの具合